身内だけの葬儀・家族葬

身内だけの葬儀は家族葬

身内だけの葬儀は家族葬の写真

家族葬のメリットは何といっても、故人をゆっくりと送れることです。大切な人との最期の別れに十分な時間をかけることができます。また、会葬者が家族や親族のみです(故人と関係の深かった友人・知人を招待する場合もあります)ので、おもてなしに気を取られることなく精神的な負担が少ないことも大きなメリットです。さらに、会葬者の人数が身内に限られ、おもてなしのための返礼品や飲食物などが少なくなり、葬儀の規模がその分小さくなりますので費用が抑えられます。ただし、香典が少ないので、その分は相対的にコスト増になるケースもあります。また、葬儀に呼ばれなかった人が葬儀が終わった後に個々に自宅に訪れてくることがあり、その都度に対応する必要があったり、その分の返礼品を別途用意する手間が増えてしまいます。ということで、家族葬にはメリット・デメリットがあり一長一短でありますが、それでも昨今では家族葬が急速に普及しています。

このサイトでは、家族葬の葬儀としての心構えや全体の流れなどを解説していきますが、葬儀といってもお焼香をしたり火葬をしたりする儀式だけが葬儀ではなく、たとえば大切な人が高齢になり死期が近くなった折に最後を覚悟されるようになると、葬儀のことを考えるようになります。ここから実は葬儀ははじまっているのです。いざ亡くなってからいろいろと準備するとなると、不安や焦りが先走り、どこか思い残すところのある葬儀になってしまうかもしれません。そうならないためにも、できるかぎりの準備はしておいて損はありません。いつかは知っておかなければならない葬儀の知識なのであれば、早めに知っていざという時に余裕をもって対応できるようにしましょう。

葬儀はまず、葬儀社選びから始まります。葬儀社選びと言っても、どうやって探せばよいのかわかりませんが、一番はじめにやってほしいことは、周囲で葬儀をしたことのある人に聞いてみることです。あなたの周囲にいる人であれば、その人の価値観や経済観が把握できており、大いに参考にできるからです。その人が「よかった」というのであれば、ぜひその葬儀社を選択肢に入れましょう。ですが、そのような人が周りにいないのであれば、インターネット検索ということになります。インターネットで検索するといっても「葬儀」や「家族葬」といったキーワードで調べることになるかと思いますが、ぜひそこに地名も入れてみてください。たとえば「葬儀 東京」であったり「家族葬 八王子」といった具合です。そうすると、地元に密着した手近の葬儀社にたどり着くことができます。では、実際に葬儀社を選ぶ段階になって、どのようなポイントに気をつけたり、良い葬儀社を選ぶためのコツを詳しく解説したいと思います。

所沢市での葬儀なら関東最安値のグランドセレモニー